看護師生活休み不規則

休みや勤務時間が不規則な看護師の生活

看護師の仕事は夜勤や不規則な勤務体系もあって生活が不規則なことで知られています。 そもそも体力的に厳しい仕事ですので、休みも十分に必要なところですが、やはりその勤務体系から難しいようです。 朝勤で朝早くから出勤したと思ったら、翌日は夜勤で朝帰りなど体内時間がまったく狂ってしまうようなシフトになってしまうこともあります。 つまり昨日眠っていた時間に働き、昨日起きていた時間に眠らなければならないわけで、規則正しい生活からは程遠いことは明白でしょう。 つまりとても体調管理が難しく、体力的に厳しい仕事だということです。 またこうも不規則な生活だと、家族や友人、恋人との関係にも不便です。 一緒に暮している家族であっても、生活時間帯がズレてしまうでしょうし、友人とは中々時間が合わずに疎遠になってしまうかもしれません。 恋人にしてもデートの時間を確保するのがむずかしくなるのは避けられないと思います。 また例えば子供がいる場合、保育園はもちろん、家族サポートがないとその世話が難しいでしょう。 そうした中で人間関係をしっかりと構築していくためにはかなりの精神的タフさと体力的余裕が必要になると思います。 そのためにも、適度に休みをとったり、気分転換を定期的に行うことでリフレッシュしつつ、仕事とプライヴェートのバランスを取ることが看護師には必要となるのです。 年賀状 印刷 ハヤメニネンガ

看護師の夜勤専従で勤務する場合の生活について

看護師の就業先には病院やクリニック、特別養護老人ホームや訪問看護など様々あります。 そして、大きな規模の病院になると、外来と病棟の看護業務が出てきます。 一般的な病棟看護師の働き方としては、三交替または、二交替のシフト制ですが、日勤専従や夜勤専従というような固定された勤務形態もあります。 夜勤専従は、夜勤の時間帯のみに入る勤務なので、勤務が変則的ではなくて、一定の生活リズムを保つことができます。 二交替や三交替勤務のように、起床時間や就寝時間が毎日変わったり、食事が上手に取れなかったりということがないので、不規則な生活になることはありません。 勤務日数は、夜勤は月144時間が限度と決まっているので、月8〜10回程度の勤務となります。 日勤専従やクリニックや介護施設の看護師の勤務日数に比べて、夜勤専従の看護師の勤務日数は少ないです。 少ない勤務日数で、夜勤で給与も高いので、そこがメリットと言えます。 従って、自由な時間が多く、自分の趣味などに時間を使うことができます。旅行比較的簡単に計画を立てることができます。平日の日中は、何かと割安サービスを行っているお店なども多いので、お得です。 又、仕事と家庭の両立も確立しやすいので、主婦にとっても働きやすい勤務と言われています。